トイレでのウォシュレット 水漏れ原因は

トイレでのウォシュレット 水漏れ原因は トイレにウォシュレットがあると、とても便利です。簡単にお尻を清潔にすることができるため、気になった時すぐに使用することができます。国が調査したところ、一般家庭でのウォシュレット普及率は7割まで上昇しているそうです。そのウォシュレットですが、万一壊れてしまった時はどのように対応すればいいのでしょうか。特にウォシュレット 水漏れが起きてしまった時の対応が難しいです。素早く対応ができないと浸水など大変なことになってしまいます。そこで今回はウォシュレット 水漏れについての原因などを紹介します。これを読むだけでウォシュレットが故障する場所や構造、故障の原因が分かるようになります。ウォシュレットの水が漏れて心配な方は必見です。

■ウォシュレット 水漏れ原因とは

トイレのウォシュレット 水漏れで起こりやすいことは、トイレ本体からの漏れではなく、ウォシュレット自体から水が漏れることです。その中でも洗浄ノズルと呼ばれている水が出る部分からの水漏れが起こりやすいです。これはバルブユニットと呼ばれる水を出すための部品が劣化して故障したためです。ウォシュレットは水道管から直接水が出ているわけではなく、水道管からウォシュレット内で水を溜めているタンクに運ばれます。そこで水を温めてからノズルを通って水が出てくる仕組みで、バルブユニットはその水を溜めているタンクから水を出したり止めたりする役割をしています。
故障している状態はボタボタと少量ずつ出続けたり、勢いよく水が出たまま止まらなくなるケースがあります。この場合まずはトイレにある止水栓を閉めて水を止めます。水が止まらない状態は、浸水や水道料金が余分にかかるなどの問題が出てくるため、早急に対処が必要です。止水栓はトイレ内にあるのでマイナスドライバーで閉めれば誰でも止めることができます。水が止まったらコンセントを抜き、電源を落としましょう。電源が入っていると漏電の危険があるため修理業者の到着前はこの状態にしておくと安心です。

■ウォシュレット 水漏れは業者に依頼するべきか
ウォシュレット 水漏れは状態や人によっていろいろな判断の仕方があります。すぐに業者へ連絡しなければいけない場合や、ボタボタ程度の症状であれば自分で直そうと思う方もいます。ここで問題なのは自分でウォシュレットを分解してしまうことです。ウォシュレットは電気を使用しているため電化製品になります。電化製品でありながら水を使用しているため知識がない人が分解することは実はとても危険な行為です。最悪の場合漏電し、火災が起きる危険もあるので絶対に止めましょう。
トイレメーカーも自分での修理を危険と考えているため、バルブユニットなどの部品は個人で購入することができないようになっています。修理を行う際は修理業者へ依頼しなければいけません。

■ウォシュレット 水漏れでの料金トラブル

ウォシュレット 水漏れが起ると水道料金が高くなってしまうことがあります。目に見えるような場合であればすぐに気づくことができますが、目に見えない場所で起こった時は気づきにくいです。水道メーターの検針で気づく人もいます。
高くなってしまった水道料金は全て自分で負担するのではなく、減免してもらえることがあります。修理後減免申請を行うと料金を免除してもらえるのです。あくまで目に見えない場所で起こったものが対象です。トイレの床などで水が漏れているなど目で確認できる場所や、水が漏れているのに放置していた場合は減免の対象にならないので注意が必要です。

■まとめ
ウォシュレット 水漏れはトイレの構造を理解している専門業者でなければ修理することができません。水を止めるなど応急処置を行ってから修理業者を呼びましょう。止水栓を使用した場合はトイレが使えなくなるので、年中無休やすぐに対応してくれる業者を選ぶと安心です。修理できる取り扱いメーカーが多いなど、自分のトイレを直せるかどうかも事前に調べておくといいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース